パッチムとは

2011年10月15日

パッチムとは

たった1年で現地でも韓国語が話せるようになった勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

ハングルには子音+母音の組み合わせの他にも、パッチムと呼ばれるものを付け加えた文字が存在します。

皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ここでは「김치」という単語を例に挙げてみますね。

一文字目の「김」に注目してください目

「김」は子音+母音でできた "기" に、さらにもう一つ子音である "ㅁ" を付け加えたもの。

"기" の下にある "ㅁ"、これがパッチムと呼ばれる部分です

"기" の読み方は "ki"

"ㅁ" の読み方は "m" となり、これらを組み合わせると「kim (キム)」と読むことができます。

そして二文字目の "치"は "chi"と読みますから、

この「김치」という文字は「kimchi (キムチ)」であることが分かりますねひらめき

『意外と簡単じゃん!』

その通りぴかぴか(新しい)

ややこしそうに思えますが、考え方としてはいたって簡単なのです。

しかし、パッチムは一種類だけではありませんもうやだ〜(悲しい顔)

以下のようにパッチムになりうる子音はまだまだ沢山あるのです。

【読み方】  【パッチム】               【例】
 -k (ク)   ㄱ / ㅋ / ㄲ / ㄳ              악 / 읔 / 닦 / 삯

 -n (ン)   ㄴ / ㄵ / ㄶ                 안 / 앉 / 않

 -t (ツ)   ㄷ / ㅅ / ㅈ / ㅊ / ㅌ / ㅎ / ㅆ     곧 / 것 / 맞 / 잧 / 같 / 있

 -r (ル)   ㄹ / ㄺ / ㄻ / ㄽ / ㄼ / ㄾ / ㄿ / ㅀ  일 / 읽 / 닮

 -m (ム)   ㅁ                       김

 -p (プ)   ㅂ / ㅍ / ㅄ                 밥 / 앞 / 없

-ng (ン)   ㅇ                       성

『え…これ全部覚えなきゃいけないの?がく〜(落胆した顔)

と若干諦めモードになってしまった方もいらっしゃると思います。

覚えることができるのであればそれに越したことはありませんが、全て暗記する必要はありません。

ハングルの発音とパッチムの仕組みを理解していれば大丈夫でするんるん

徐々に慣れていってくださいねわーい(嬉しい顔)

たった1年で現地でも韓国語が話せるようになった勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 韓国語上達ゆきえ at 03:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。