韓国語の人称代名詞

2011年10月19日

韓国語の人称代名詞

たった1年で現地でも韓国語が話せるようになった勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

韓国語の人称代名詞には "私"や"僕" などの男女による区別がありません

そのため日本語に比べると数も少なく、非常に覚えやすくなっています。

それぞれの使い方にも注目しながら詳しく見ていきましょう。

【一人称】

・저  →私              …目上の人や初対面の人に対して使います。
(チョ)                   日本語でいうと "わたくし" にあたる言い方。

・나  →あたし / 僕 / 俺     …親しい間柄の人と話す時に使えます。
(ナ)
           
・저희 →私たち(の)        …改まった言い方。少し固い感じがしますね。
(チョイ)
                  
・우리 →私たち(の)        …저희よりもカジュアルな言い方で一般的。 
(ウリ)

■助詞によって基本形が変わるもの

・私の〜  →제 / 내
        (チェ / ネ)

・私が〜  →제가 / 내가
        (チェガ / ネガ)

これらは「나의 (私の)」の省略形になります。

【二人称】

・너  →君 / おまえ        …親しい間柄同士でのみ使用可能。
(ノ)

・너희 →君たち / おまえたち  …自分より目下の人に対して使います。
(ノイ)

・당신 →あなた           …夫婦が呼び合う時などに使われ、
(タンシン)                一般的な会話の中では使われません。

■助詞によって基本形が変わるもの

・君の〜 →네 (니)
        (ニ)

・君が〜 →네가 (니가)
        (ニガ)

「네 / 니」は人によって書き方が異なるだけで、意味も発音も同じです。

ただ、通常 "네" の発音は "ne" となるのですが、この場合だけは "니" と同じ "ni" になるので気をつけてくださいねひらめき

【三人称】

・그    →彼
(ク)

・그녀   →彼女
(クニョ)

・그 분  →その方
(ク ブン)

・그 사람 →その人
(ク サラム)

「그 / 그녀」は実際の会話ではあまり使われませんひらめき

本や歌詞などで使われることがほとんどです。

ちなみに「私の彼(氏)」「僕の彼女」として言いたい場合は、

「내 남자 / 내 여자」
(ネ ナムジャ / ネ ヨジャ)


となり、直訳すると「私の男 / 僕の女」となります。

韓国らしい言い方ですね(笑)

以上、これらが基本の人称代名詞になります。

一つ注意していただきたいのは、

「韓国語には初対面や目上の人に使える二人称はない」

ということです。

"당신 (あなた)" という呼び方もしないので、初対面の方には真っ先に名前を聞くようにしましょう。

たった1年で現地でも韓国語が話せるようになった勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 韓国語上達ゆきえ at 01:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一人称を表す人称代名詞の나と二人称を表す人称代名詞の너は、僕は外(陽母音の아)にいて君は内(陰母音の어)にいると覚えましょう。
Posted by モンキー at 2012年09月08日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。