韓国語の擬音

2011年11月02日

韓国語の擬音

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

擬音や擬態語って辞書で調べても自分が伝えたいニュアンスとは違う場合が多いんですよね。

どんな場面でどんな使い方をするのか気になっている人も多いはずふらふら

そこで今回は、韓国で実際に良く使われる表現を例文と一緒にまとめてみました。

きらきら   →반짝반짝 빛나는 별
         (バンチャッバンチャッ ピンナヌン ビョル)
         (きらきら輝く星)

ドキドキ   →두근두근거렸다.
         (ドゥグンドゥグンゴリョッタ)
         (ドキドキした。)

ぶらぶら   →흔들흔들 걷다.
ゆらゆら    (フンドゥルフンドゥル コッタ)
         (ぶらぶら歩く。)

べたべた   →더워서 몸이 끈적끈쩍하다.
         (トウォソ クンジョックンジョッカン ナルッシ)
         (暑くて体がべたべたする。)

ぬるぬる   →촉감이 미끈미끈하다.
         (チョッカミ ミックンミックナダ)
         (肌触りがぬるぬるする。)

すべすべ   →매끈매끈한 피부
         (メックンメックナン ピブ)
         (すべすべな肌)

つるつる   →반들반들한 마루
         (パンドゥルパンドゥラン マル)
         (つるつるの床)

「매끈매끈 반들반들한 피부」のような言い方もしますよ。
  (すべすべつるつるのお肌)

グツグツ   →냄비에서 보글보글 끓고 있다.
ぶくぶく    (ネンビエソ ポグルポグル クッコ イッタ)
         (鍋でグツグツ煮えている。)

ぐるぐる   →눈이 빙글빙글 돈다.
         (ヌニ ピングルピングル トンダ)
         (目がぐるぐる回る。)

ほかほか   →따끈따끈한 담요
         (タックンタックナン タミョ)
         (ほかほかの毛布)

さらさら   →찰랑찰랑한 머릿결을 지킨다.
         (チャランチャランハン モリキョル チキンダ)
         (さらさらな髪を保つ。)

にこにこ   →늘 싱글벙글 웃는 사람
         (ヌル シングルボングル ウッヌン サラム)
         (いつもにこにこ笑う人)

くすくす   →킥킥 웃는 소녀들
         (キッキッ ウッヌン ソニョドゥル)
         (くすくす笑う少女たち)

※メールや手紙では "ㅋㅋㅋ" という表現をします。
 ちなみに "ㅎㅎㅎ" は日本でいう「(笑)」と同じですね。

にやにや   →혼다서 히죽히죽 웃고 있었다.
         (ホンジャソ ヒジュッヒジュッ ウッコ イッソッタ)
         (一人でニヤニヤ笑っていた。)

"꾸벅꾸벅 졸다"「居眠り」という意味にもなります。
 (クボックボッ ジョルダ)

どっぷり   →드라마에 흠뻑 빠진다.
         (ドゥラマエ フンボッ パジンダ)
         (ドラマにどっぷりはまる。)

すっかり   →푹 빠졌다.
ぐっすり    (プッ パジョッタ)
         (すっかりはまった。)

        푹 자는 방법.
         (プッ チャヌン パンボッ)
         (ぐっすり眠る方法)

すやすや   →쌔근쌔근 잘 자고 있다.
         (すやすやよく眠っている。)

うとうと   →꾸벅꾸벅 인사를 하는 사람.
         (クボックボッ インサル ハヌンサラム)
         (うとうとしながら挨拶をする人)

ぶつぶつ   →혼자서 중얼중얼
         (ホンジャソ チュンゴルチュンゴル)
         (一人でブツブツ)

※ツイッターなどで使う "つぶやく" という表現は
  "중얼거리는" で表すことができます。
  (チュンゴルゴリヌン)

きょろきょろ →두리번 두리번 주위를 둘러 보다.
         (ドゥリボンドゥリボン チュウィル トゥロ ポダ)
         (きょろきょろ辺りを見回す。)

のろのろ   →느릿느릿 걸어오는 사람.
うろうろ     (ヌリッヌリッ コロオヌン サラム)
         (のろのろ歩いてくる人)

すらすら   →영어를 술술 이해할 수 있다.
ぺらぺら    (ヨンゴル スルスル イヘハル ス イッタ)
         (英語をスラスラ理解できる。)

ふにゃふにゃ →흐늘흐늘한 재질
         (フヌルフヌラン チェジル)
         (ふにゃふにゃした素材)

ぐうぐう   →쿨쿨       ※いびきの音。
         (クルクル)


パチパチ   →딱딱       ※拍手の音。
         (タッタッ)

これらが頻繁に使われている表現になります。

擬音や擬態語の勉強におすすめなのは

子供向けに作られた童話や童謡などを活用すること。

いろんな場面で同じ言葉が何度も出てくるので非常に覚えやすいですよ。

皆さんも例文を参考にしながら使ってみましょう。

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 韓国語上達ゆきえ at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。