韓国語のこそあど

2011年11月03日

韓国語のこそあど

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

まずは韓国語の指示代名詞を全て見てみましょう。

この    その    あの    どの
이     그     저    어느
(イ)     (ク)    (チョ)   (オヌ)

これ      それ       あれ         どれ
이것     그것      저것       어느 것
(イゴッ)   (クゴッ)    (チョゴッ)     (オヌゴッ)

ここ      そこ        あそこ         どこ
여기     거기      저기        어디
(ヨギ)    (コギ)      (チョギ)       (オディ)

こちら      そちら       あちら       どちら
이쪽      그쪽      저쪽      어느 쪽
(イジョッ)  (クジョッ)    (チョジョッ)    (オヌジョッ)

この中でいくつか使い方に注意しなければならないものがありますふらふら

"그 (その)" と "저 (あの)"がその代表ですね。

例えば日本語で『あの人に会いたいなぁ』と言いたい時

この場合は、

사람을 만나고 싶구나.     →  "その"人に会いたいなぁ
(ク サラムル マンナゴ シックナ)

となり、日本語では「あの人」という言い方をする場面でも

韓国語にする時は「その人」 に変えなければいけないんです

ではどういう場面なら「저 사람(あの人)」を使うことができるのでしょうか。

사람은 누구에요?     →  あの人は誰ですか?
(チョ サラムン ヌグエヨ?)

このように"あの人"が誰なのかが分かっていない状況では「저」を使いますひらめき

以上をまとめると・・・

自分が既に知っている人を指す場合は 「그」

自分がまだ知らない人を指す場合は  「저」

となります。

それからもう一つ注意したいのが「これは何ですか?」という表現。

これもちょっと変わってるんですあせあせ(飛び散る汗)

よく使うフレーズですからしっかり覚えておきましょう。

『これ / それ / あれ は何ですか?』
        ↓
『이게 / 그게 / 저게 뭐에요?』
(イゲ / クゲ / チョゲ ムォエヨ?)

となり、이게は이것은を省略した形になります。

もちろん「이것은 뭐에요?」が通じないわけではありません。

ただ少し不自然になってしまうので、一般的には使われないんですねたらーっ(汗)

これらのように日本語をそのまま韓国語にしてもきちんと意味が通じないこともあるので注意が必要です。

日本語のまま覚えてしまわないように気をつけましょう。

ちなみに「あっちこっち」は「여기 저기 (ここあそこ)」となります。
              
これは翻訳機にかけても出てこない表現なので是非覚えておいてくださいねひらめき

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)



posted by 韓国語上達ゆきえ at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。