韓国語の進行形

2011年11月09日

韓国語の進行形

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

日本語に訳すと意味は同じなのにニュアンスが若干違う・・

韓国語の進行形が難しいとされる理由はそこにあります。

【原形 + 던 または 過去形(았/었) + 던】

この組み合わせで過去進行形を作ります。

分かりやすいように二つの例文を見比べてみましょうグッド(上向き矢印)

@보던 경치. (ポドン キョンチ)

A봤던 경치. (パットン キョンチ)

二つとも『見ていた景色』と訳すのですが、それぞれ微妙に意味が違うんです。

@ → 「"さっきまで"見ていた」の意味合いが強く、過去と現在を繋いでいる

A → 「"昔"見ていた」の意味合いが強く、今はあまり見なくなった景色を表す

言葉にすると難しく感じてしまいますが、

"보던よりも봤던のほうが昔のこと" と考えるのが一番分かりやすいですね。

【原形 + 〜고 있다】

日々の習慣や今現在進行中の動作を表す場合に使います。

[例]한국어를 공부하고 있습니다.
  (ハングコル コンブハゴ イッスムニダ)
  (韓国語を勉強しています。)

  매일 한국 노래를 듣고 있습니다.
  (メイル ハングッ ノレル トゥッコ イッスムニダ)
  (毎日韓国の曲を聴いています。)

  지금 편지를 쓰고 있습니다.
  (チグム ピョンジル スゴ イッスムニダ)
  (今手紙を書いています。)

【語幹 + 아/어 있다】

こちらはもともと存在するものに対して使うことができます

[例]교과서에 써 있는 이야기.
  (キョグァソエ ソ インヌン イヤギ)
  (教科書に書いてある話)

教科書に書かれていることは他人によって既に書かれたものなので

"原形 + 〜고 있다" の形にすることはできませんあせあせ(飛び散る汗)

もう少し理解しやすくするために「살다(生きる/住む)」で例えてみますね。

인간이 살고 있다.
(インガニ サルゴ イッタ)
(人間が住んでいる)

인간이 살아 있다.
(インガニ サラ イッタ)
(人間が生きている)

『住んでるのも生きてるのも今現在進行中なんじゃないの?』

確かにその通り。

しかし、住む場所が変わることはあっても、人間が生きていることに変わりはありません。

そのため"生きる"という動詞は「もともと存在するもの」の部類に入るのです。

このように一つの単語から二つの訳し方が生まれるパターンもあるので注意してくださいね。

ちなみに、있다をより丁寧な表現にすると「계시다=いらっしゃる」となり、
                          (ケシダ)

어머니가 지금 나가고 계세요.
(オモニガ チグム ナガゴ ケセヨ)
(母は今出かけていらっしゃいます。)

このように活用します。

ここで一つ注意点ひらめき

韓国では先輩や上司など目上の人だけでなく、

他人に自分の両親のことを話す時も必ず尊敬語が使われます

この点は日本と違うので間違えないように気をつけてくださいね。

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 韓国語上達ゆきえ at 14:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。