コマウォヨ

2011年11月13日

コマウォヨ

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

韓国のテレビ番組を見ていると、字幕には"ありがとうございます"と書かれているのに、実際聞こえてくるのは「コマウォヨ」だったり「カムサハムニダ」など何パターンもあるんですよねあせあせ(飛び散る汗)

これらには一体どのような違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

■감사하다 (直訳=感謝します)

「감사(感謝) + 하다(する)」でできています。

これを会話体にすると・・・

・감사합니다. → スムニダ体と呼ばれる敬語の中で最も丁寧な硬い表現。
(カムサハムニダ)
            訳し方 = ありがとうございます

・감사해요.  → 丁寧な敬語ですが、スムニダ体よりも柔らかい表現。
(カムサヘヨ)    ヘヨ体と呼ばれています。

            訳し方 = ありがとうございます

・감사해.   → パンマル体(タメ語)
(カムサヘ)
            訳し方 = ありがとう

"ありがとうございます"を"感謝します"に言い換えてもおかしくない文章の場合はこちらを使ってください晴れ

【例】A:안색이 나빠 보이는데, 괜찮아요?
     (アンセギ ナッパ ポイヌンデ, ケンチャナヨ?)
     (顔色が悪く見えますが、大丈夫ですか?)

   B:네. 괜찮아요. 걱정해주셔서 감사합니다.
     (ネー. ケンチャナヨ. コッチョンヘジュショソ カムサハムニダ)
     (はい。大丈夫です。心配してくださってありがとうございます。)

他にも감사を用いた感謝を表すフレーズがあるのでご紹介しますね。

@감사드립니다.
 (カムサドゥリムニダ)

A감사드리겠습니다.
 (カムサドゥリゲッスムニダ)

これらは二つとも「感謝申し上げます」という意味になりますひらめき

ただしAは未来のことに対して感謝する時にしか使えません

【例】공부를 알려주시면 감사드리겠습니다.
    (コンブル アリョジュシミョン カムサドゥリゲッスムニダ)
   
    直訳 → 勉強を教えてくださったら感謝申し上げます。

    意訳 → 勉強を教えてくださるとありがたいです。

この時点ではまだ勉強を教えてもらっていませんよね目

この文章で@を使うと不自然になってしまうので気をつけてください。

■고맙다 (直訳=ありがたい)

これを会話体にすると・・・

・고맙습니다. → 敬語の中で最も丁寧な硬い表現。
(コマッスムニダ)
            訳し方 = ありがとうございます

・고마워요.  → 丁寧な敬語ですが、スムニダ体よりも柔らかい表現。
(コマウォヨ)    
            訳し方 = ありがとうございます

・고마워.   → パンマル体(タメ語)
(コマウォ)
            訳し方 = ありがとう

次に会話例を見てみましょう。

@A:거기 있는 간장 집어줄래요?
  (コギ インヌン カンジャン チボジュレヨ?)
  (そこにある醤油取ってくれますか?)

 B:알았어요.
  (アラッソヨ)
  (分かりました。)

 A:고맙습니다.
  (コマッスムニダ)
  (ありがとうございます。)

AA:한국어 굉장히 잘 하시네요.
  (ハングコ ケンジャギ チャラシネヨ)
  (韓国語がとてもお上手ですね。)

 B:고맙습니다.
  (コマッスムニダ)
  (ありがとうございます。)

@とAの「ありがとうございます」の部分を「感謝します」に置き換えると会話の流れとしては少し変ですよね。

韓国語が上手いと誉められて"感謝する"というのもなんだか不自然ですしあせあせ(飛び散る汗)

逆に、両親に対して「今まで育ててくれてありがとうございます」と言う時は

『지금까지 키워주셔서 고맙습니다』よりも
(チグムッカジ キウォジュショソ コマッスムニダ)

『지금까지 키워주셔서 감가합니다』のほうが適しています。
(チグムッカジ キウォジュショソ カムサハムニダ)

ですから、「고맙습니다」は少し軽めの感謝、「감사합니다」は深い感謝。

そう考えれば分かりやすいかと思います。

고맙습니다が軽い感謝だからといって、감사합니다を使わなきゃ失礼!というわけではありませんよわーい(嬉しい顔)

状況に合わせて判断する必要がありますが、慣れてくるとどちらを使えばいいのかも自然に分かってきます。

スムニダ体・ヘヨ体・パンマルの使い分けが理解できていれば問題ありませんから、それだけはしっかり把握しておいてくださいね。

韓国語が口から出てくる!ハングル勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

posted by 韓国語上達ゆきえ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。