韓国語 動物

2013年02月18日

韓国語 動物

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

同じ動物でも、国が違えば、言い方は当然ですが、鳴き声の表し方も違ってきます。

日本にいる動物は、韓国にも勿論いますので、名前と鳴き声をセットで覚えましょう。

(1)動物の名前と鳴き声
まず、동물(トンムル)は動物の意味ですね。

(ケ):  멍멍(モンモン):ワンワン  因みに、강아지(カンアジ)は子犬のことです犬

고양이(コヤンイ):  야옹(ヤオン):ニャー猫

(タッ):  꼬끼오(コッキオ):コケコッコー  

병아리(ピョンアリ):ひよこ  삐약 삐약(ピヤッピヤッ):ピヨピヨ

돼지(テジ):  꿀꿀(クルクル):ブーブー

(ソ):  음메(ウンメ):モ〜  송아지(ソンアジ)は、子牛のことです。

(マル):  히힝(ヒヒン):ヒヒーン  망아지(マンアジ)は、子馬になります。

염소(ヨムソ) /(ヤン):ヤギ/   どちらも鳴き声は同じで、메에(メエ):メェ〜

사자(サジャ)/ 호랑이(ホランイ):ライオン/  これも鳴き声は一緒で、어흥(オフン):ガオーがく〜(落胆した顔)

(チィ):  찍찍(チッチッ):チューチュー目

개구리(ケグリ):  개굴 개굴(ケグルケグル):ケロッケロッ

참새(チャムセ):  짹짹(チェッチェッ):チュンチュン

비둘기(ピドゥルギ):ハト  구구구구(ググググ):ポッポッポッ演劇

勿論、動物は同じように鳴いているんですけど、日本人と韓国人では、聞こえ方や鳴き声の表現方法が、このように違うんですねグッド(上向き矢印)

(2)動物に関連するフレーズ
곰 같은 여자(コム カットゥン ヨジャ):クマのような女性
(コム)がクマという意味ですね。

地味で大人しく愛嬌がない女性のことを指します。

여우 같은 여자(ヨウ カットゥン ヨジャ):キツネのような女性
여우(ヨウ)はキツネのことで、要領がよくて計算高く、男性の前では笑顔を振りまく女性のことです。

よく韓国ドラマの登場人物に、このような2つの両極端なタイプの女性が出てきたり、1人の女性が男性によって2つのタイプを使い分けたりしていて、面白いですよTV

괜찮아요. 안 물어요(ケンチャナヨ。アン ムロヨ):大丈夫。噛みませんよ。
韓国でも日本と同じように、家の中で犬や猫などペットを飼うこともあれば、外で散歩させることもあります。

そのような時、他人が自分のペットを触ろうとしている時に、飼い主が言う言葉ですねわーい(嬉しい顔)

만져봐도 돼요?(マンジョバド テヨ?):触っても良いですか?
これは、逆に、飼い主以外の人が言うフレーズです。

韓国でも同じく、他人が飼っている動物に対しては、このように許可を得て触るのがマナーですよ。

저리 가!(チョリガ):あっち行って!ふらふら
道などで、犬や猫が苦手なのに寄ってきた場合、このように言いましょう。

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)





posted by 韓国語上達ゆきえ at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。