韓国 エステ 

2013年02月28日

韓国 エステ 

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

韓国の女性は美意識が高く、美白で綺麗なイメージが大きいですね。

韓国ドラマを見ていても、エステ、スパやマッサージのシーンが度々出てきます。

このようなお店に行った時に、使える表現を覚えましょう本

피부가 약해요(ピブガ ヤッケヨ):肌が弱いです。
敏感肌の人は、施術前に一言その旨を伝えておいた方が良いですね。

かぶれたりしないように、配慮してくれますグッド(上向き矢印)

좀 아픈데요(チョム アップンデヨ):少し痛いです。
マッサージ店で使えますね。

조금만 더 약하게 해주세요(チョグムマン ト ヤッカゲ ヘジュセヨ):もう少し弱くしてください。
痛すぎる時にこう言いましょう。

조금만 더 세게 해주세요(チョグムマン ト セゲ ヘジュセヨ):もう少し強くしてくださいパンチ
逆に、強めが好きな人はこのフレーズを使ってください。

시원해요(シウォネヨ):気持ち良いです。

얼굴 마사지 하고 싶어요(オルグル マサジ ハゴシポヨ):顔のマッサージをしたいです。
入店して施術の希望をする際の表現ですね。

얼굴(オルグル):顔を他の部位に変えて応用してください手(パー)

例えば、어깨(オッケ):  다리(タリ):脚部  전신(チョンシン):全身などです。

메뉴 보여주세요(メニュ ボヨジュセヨ):メニューを見せてください。
この表現は、エステ店やマッサージ店に限らず、飲食店でも使えますね喫茶店

때밀이는 어디에서 해요?(テミリヌン オデヘソヨ):あかすりはどこでしますか?
韓国には、찜질방에(チムジルパン):チムジルパンと言う、普通のサウナより低温で、岩塩や鉱石を使って出来ているサウナがありますいい気分(温泉)

찜질방에(チムジルパン)単独であるよりも、多彩なお風呂、あかすりやマッサージを受けられる所、フードコートなども一緒になっている複合施設が多い為、“あかすり”ができる場所を尋ねる時に、この表現を使ってください。

여기는 만지지 말아주세요(ヨギヌン マンジジ マラジュセヨ):ここは触らないでください。
マッサージをしてもらう時に、もし怪我などで触れないで欲しい場所がある時は、きちんと言って大丈夫です。

韓国の有名で大きいエステ店などには、日本語のできる店員さんがいますが、韓国語上達の為にも、以上のような表現を使って韓国語で会話してみましょうわーい(嬉しい顔)

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 韓国語上達ゆきえ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。