韓国の祭日

2013年03月07日

韓国の祭日

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

韓国には子供の日やクリスマスなど、日本と同じ祭日もありますが、中には、日本にはない韓国特有の祭日があります。

このような韓国の祭日と、それに関連するフレーズを覚えていきましょうパンチ

(1)설날(ソルラル):旧正月
日本では、陽暦の1月1日をお正月として祝いますが、韓国では、陰暦で暦を読む習慣が根強いですので、旧暦の1月1日でお正月を祝います。

毎年、微妙に時期はずれますが、だいたい陽暦の1月下旬から2月上旬くらいで、当日とその前後の3日間が連休ですグッド(上向き矢印)

新しい年が始まる陽暦の1月1日は、お正月というより、単に年越しの意味が強く、韓国ではこの旧正月の方を盛大にお祝いしますイベント

旧正月でよく使われるフレーズは、새해 복 많이 받으세요(セーヘ ボッ マニ パドゥセヨ):新年の福を沢山受け取ってください。

直訳するとこのようになりますが、日本語の「明けましておめでとうございます」に当たるフレーズです。

そして、当日の朝、一家で一番目上の人に、올 한해도 건강하게 잘 보내세요(オル ハネド コンガンハゲ チャル ポネセヨ):今年一年も健康に過ごしてください。

のようにそれぞれ挨拶をして、深々とお辞儀をする習慣があります。

そしたら、年長の人は、새뱃돈(セベットン):お年玉を子供たちに渡すのです有料

(2)추석(チュソク):秋夕
旧正月と並ぶ、韓国の2大祭日の1つで、陰暦の8月15日を祝いますね。

前後の日と合わせて3日間の連休です。

民族の大移動と言われるほど交通機関が麻痺している中、帰省して、親族が集まり성묘(ソンミョ):先祖の墓参りをします。

これに合わせて、秋夕の2〜3週間前から、벌초(ポルチョ):墓の清掃や雑草刈りをすることも大きな習慣となっていて、その頃から帰省ラッシュが始まるんですね手(パー)

また、송편(ソンピョン):蒸した餅という、秋夕の特別料理を作る家庭もあります。

以上の祭日の他に、삼일절(サミルジョル):三一節(三・一独立運動を讃えた祝日)や、개천절(ケチョンジョル):開天節(韓国の建国記念日)などがあります。

因みに、日本と違って韓国には振り替え休日は存在しませんので、ただでさえ少ない韓国の祭日は、日本と比べると5日以上少ないんですね。

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 韓国語上達ゆきえ at 13:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。