韓国語で料理用語

2013年03月13日

韓国語で料理用語

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

韓国料理は、家庭で簡単に作れるものが多いですが、作り方を韓国語で表現するとなるとちょっと難しいですよね。

調理用語を覚えて、韓国語のレシピが読めるように、また、韓国の方から直接作り方を伝授してもらえるようになりましょう手(グー)

(1)調理用語の基本
썰다(ソルダ):切る

무치다/버무리다(ムチダ/ポムリダ):和える
韓国のおかずには、“和えた物”が多いのが特徴で、小さく切った野菜と調味料・薬味を手で混ぜ合わせる手法はよく使われます手(パー)

名詞化すると、무침(ムチム):和え物の意味です。

例えば、콩나물무침(コンナムルムチム):豆もやしの和え物시금치무침(シグムチムチム):ほうれん草の和え物오이무침(オイムチム):キュウリの和え物などが定番ですね。

볶다(ポッタ):炒めるレストラン
これも調理法が簡単で、且つ、色々な食材を組み合わるとバリエーションが増えるため、韓国料理ではとても頻繁です。

同じように、볶음(ポックム):炒め物は名詞になります。

鍋料理のシメにご飯を入れるお馴染み볶음밥(ポックンパッ):炒めご飯の他に、버섯볶음(ポソッポックム):きのこの炒め物애호박볶음(エホバッポックム):韓国かぼちゃの炒め物などが有名です。

조리다/끓이다/졸이다(チョリダ/クリダ/チョリダ):煮る/煮立てる/煮詰める

갈다(カルダ):すりおろす

으깨다(ウッケダ):つぶすパンチ
主要な韓国料理にはほぼ使われている“にんにく”は、“すりおろす”か“つぶす”かのどちらかで使うことが多いですので、この2つの動詞は覚えておきましょう。

담그다(タムグダ):漬ける
韓国の伝統食品の1つ“キムチ”がありますが、これは담그다(漬ける)と言うんですね。

名詞になると장아찌(チャンアチ):漬け物になり、他には、마늘장아찌(マヌルチャンアチ):にんにくの漬け物무장아찌(ムチャンアチ):大根の漬け物などがあります。

(2)料理でよく出てくる表現
거품을 제거하다.(コプムル ジェゴハダ):あくを取る。
直訳すると、「泡を取り除く」ですが、このフレーズを使うことが多いです。

물에 담가 두다(ムレ タムガドゥダ):水にさらす霧
下ごしらえの用語としてよく出てきますので、覚えておいてください。

맛을 보다.(マスル ポダ):味見をする目
特に、様々な調味料を混ぜ合わせて作る特徴を持つ韓国料理は、料理の途中で味見をすることは必須です。

간을 보다.(カヌル ポダ):塩加減を見る。
味見をする表現で、このフレーズも韓国語ではよく使われますので、知っておきましょう。

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 韓国語上達ゆきえ at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。