2013年03月29日

韓国語で電話

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

対面で会話する時の表現と、電話での表現は、また少し違いますよね。

韓国語で電話する時によく使われるフレーズを覚えましょうパンチ

・여보세요.(ヨボセヨ):もしもし。
韓国語での電話はこのフレーズから始まります。

「ヨボセヨ〜」のように最後を伸ばすことが多いですね。

・바쁘신데 죄송한데요.(バプシンデ ジェソンハンデヨ):お忙しい所申し訳ないですが。
勿論、友人同士では使わないですが、会社や目上の方のお宅に電話する時、または、朝や夕方のせわしい時間帯に電話する時に、この表現を使うと、礼儀正しくて印象が良いですよわーい(嬉しい顔)

・〜있습니까?(イッスムニカ):〜さんいますか?
携帯電話では必要ないですが、固定電話にかけた時、使う表現です。

割と気の知れた間柄、親しい人について聞く時に使ってください。

・네,있습니다.(ネ、イッスムニダ)/아니요,〜갔습니다.(アニヨ、〜カッスムニダ):はい、います。/いいえ、〜へ行きました。
逆に電話を受けて、相手の問い掛けに答える場合のフレーズです。

・〜계십니까?(ケシムニカ):〜さんはいらっしゃいますか?
上の質問フレーズの丁寧バージョンになります。

尊敬語になりますので、尊敬するに値する人、上司など目上の方について聞く時に使いましょう手(グー)

・네, 계십니다.(ネ、イッスムニダ)/아니요,〜가셨습니다.(アニヨ、〜カショッスムニダ):はい、いらっしゃいます。/いいえ、〜へ行かれました。
答える側も尊敬語を使ってください。

・수고 많으세요.(スゥゴマヌセヨ):お世話になっています。

・수고 많으십니다.(スゴマヌシンミダ):お疲れ様です。
日本でも、電話の相手が、仕事の間柄や取引先の方などの場合、「お世話になっております」と言いますね。

この2つはそれと同じようなニュアンスで使ってくださいグッド(上向き矢印)

・언제 들어 오세요?(オンジェ トゥロオセヨー):いつお戻りになるんですか?
これも知っておくと重宝します。

・나중에 다시 전화 드리겠습니다.(ナジュンエ タシ チョナ ドゥリゲッスンミダ):後でまた電話いたします。
나중에(ナジュンエ):後での部分を、내일(ネイ)と言うと「明日」ですね。

韓国では、友達以外、目上の方には、必ず丁寧な敬語表現で話しますので、特に顔の見えない電話では、基本、敬語・尊敬語で話した方が無難です。

ですので、以上のようなできるだけ丁寧なフレーズで覚えておきましょうexclamation×2

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)




posted by 韓国語上達ゆきえ at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

韓国の気候

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

日本と同じように韓国も、春夏秋冬の四季がはっきりしていて、夏は、高温多湿で蒸し暑く、冬は、寒冷で乾燥しています。

地形的にも、日本のように南北に長いですので、南のプサンやチェジュは割りと温暖ですが、北のソウルは寒暖の差が激しいです。

天気や気温は日々の生活と関わりが深いですので、日常的な気候に関する表現が韓国語でできるようになりましょう手(グー)

날씨도좋고, 기온도좋을것같아요.(ナッシド チョッコ、キオンド チョウ ゴッカッタヨ):天気も良くて、気温も良さそうです。
4月下旬から5月頃の暖かい春の時期と、9月から10月頃の秋真っ盛りの一番気候が良い、過ごしやすい日は、このように表現できますグッド(上向き矢印)

오늘은  황사가 많습니다. (オヌルン ファンサガマンスムニダ):今日は黄砂が多いです。
韓国でも、春になると、お隣中国から黄砂が偏西風に乗って飛んでくるんですね。

日本より、韓国の方が中国に近いので、被害はもっと大きいと言われていますふらふら

3月から5月がピークで、この時期は、マスク、サングラスや帽子は必需品です。

黄砂情報は、韓国の新聞、ニュースや韓国環境省のホームページで入手できます目

일기 예보에서는 맑음의 할 리이었는데도.(イルギ イェボエソヌン マクムィハルリ イオンヌンデド):天気予報では晴れのはずだったのに。
家族や友人との会話で使えます。

天気予報が外れることは、韓国でもあるんですねダッシュ(走り出すさま)

좋은 날씨이네요. (チョウン ナルッシイネヨ):良いお天気ですね。
これは、近所の顔見知りの人や、ちょっとした会話でけっこう使われますので、覚えておくと便利です。

내일은 대설이다고 합니다. (ネイルン テソリダゴ ハムニダ):明日は大雪だそうです雪
韓国の冬は、日本以上に冷え込むことが多く、特に、ソウルはシベリアからの寒波の影響で、気温が氷点下になることは珍しくありません。

ただ、乾燥していますので、大雪は稀ですが、時々あります。

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 韓国語上達ゆきえ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

韓国の屋台

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)

日本で屋台というと、お祭りや何かイベントがある時、また、夕方になると繁華街に出る感じですよね。

しかし、韓国では、屋台はもっと頻繁で、季節を問わずいつでも出ていて、駅の出口や街の通りなど、あちこちで屋台が見られます目

このような屋台は庶民密着型ですので、利用してみたら、韓国庶民の食文化が堪能できますよ。

(1)屋台の種類
韓国の屋台は、노점(ノジョム)と、포장마차(ポジャンマチャ)の2種類です。

노점(ノジョム)は、ちょうどお祭りの出店、露店という雰囲気で、その場で立ちながら食べるか、テイクアウトするかのパターンです。

떡볶이(トッポッキ):トッポッキ(韓国風の餅を甘辛いタレで煮込んだもの)、닭꼬치(タッコチ):焼き鳥핫도그(ハッドグ):ホットドッグ계란빵(ケランパン):大判焼きなどの軽食やおやつが誰でも気軽に買える格安で売られていますわーい(嬉しい顔)

포장마차(ポジャンマチャ)は、いわゆる飲み屋台という感じで、ビニールシートに覆われた手押し車に、簡易テーブルとイスが置かれ、腰を落ち着けてゆっくり飲み食いする感じです。

おやつや軽食ではなく、アルコール飲料(様々なお酒)と料理・おつまみが楽しめます黒ハート

(2)屋台でよく使うフレーズ
どちらのパターンにしろ、使う表現はほぼ同じです。

メニューや料金表はありませんので、自分で〜주세요(〜ジュセヨ):〜をください。ときちんと注文することが基本になります。

떡볶이하고 튀김 1인분씩 주세요.(トッポッキハゴ ティギム イリンブンシッ ジュセヨ):トッポッキと天ぷら1人前ずつください。

섞어 주세요.(ソッコ ジュセヨ):混ぜてください。
韓国では、天ぷらなどの練り物類は、ソースをつけて(絡めて)食べるのが美味しい食べ方です。

ソースを絡めてほしければ、このように言ってください。

或いは、お店の方から、섞어 드려요?(ソッコ ドゥリョヨ):混ぜますか?と聞いてくることもあります。

따로따로 주세요.(タロタロ ジュセヨ):別々にください。
混ぜて欲しくない時は、このように言いましょう。

포장해주세요.(ポジャンヘジュセヨ):包んでくださいファーストフード
その場で食べるか、テイクアウトするかの屋台で、持ち帰る場合のフレーズです。

袋に入れたり、紙に包んでくれたりします。

한잔 하러 갈래?(ハンジャン ハロ カルレ):一杯飲みに行く?ビール
韓国語で飲みに誘う時の定番のフレーズですね。

こう言って仕事帰りに、포장마차(ポジャンマチャ)に寄るのが、お決まりのパターンです。

여기요. 잘 먹었습니다.(ヨギヨ。チャル モゴッスムニダ):こちらです。ごちそうさまでした。
前半部は直訳すると、「こちらです」になりますが、「はい」とお金を渡しながら言う表現になります。

続けて、「ごちそうさまでした」と一言言って帰るのが、庶民間の礼儀です手(パー)

私が韓国語をペラペラになれた勉強法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 韓国語上達ゆきえ at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。